所沢商工会議所
ところざわまつり ところざわまつり 公式WEBサイト 「ところざわまつり」は埼玉県所沢市で毎年行われているお祭りです。
曳っかわせ!気迫と熱気が燃えあがる
TOPスケジュール開催本部メインストリート
ご存知ですか?所沢音頭アルバム写真館ビデオ映写館
所沢音頭
1.「所沢音頭」制定の経緯

2.「所沢音頭」レコードについて


祭1.「所沢音頭」制定の経緯
所沢音頭レコードジャケット  民謡流しでも使われている所沢音頭。
 [♪レコードA面]  [♪B面]
 ※MP3ファイルで聞く事が出来ます。

「ところざわまつり」を後援する
商工会議所制定の曲です。

昭和25年に所沢市制施行を記念して所沢商工会議所が所沢音頭を一般公募して選ばれたのが「所沢音頭」です。

 盆踊りや運動会などでも耳なじみなこの曲。作詩は山畑一雄(一翠)(当時26歳)で、西条八十が補作、古賀政男が作曲。 強力メンバーによる作品で久保幸江と加藤雅夫の唄でレコードが製作されました。


西条八十 1892〜1970 (明治25年〜昭和45年)

 詩人、童謡から流行歌まで、大正・昭和に愛唱された詩を数多く創作。
 大正・昭和期の詩人・仏文学者。東京都出身。早大卒。

 在学中三木露風の「未来」に参加、1912年(大正元)日夏耿之介(こうのすけ)らと 高踏的詩誌「聖盃」(のち「仮面」)創刊。また「赤い鳥」に「金糸鳥(かなりや)」「肩たたき」など多くの童謡を発表 、北原白秋と並び注目を集めた。

 19年詩集「砂金」では繊細な叙情詩人として好評を得た。24年、ソルボンヌ大学に留学、2年後に帰国し早大仏文科教授となる。

 また、歌謡曲の作詞家として活躍。「お富さん」「愛染桂」「青い山脈」など、手掛けた流行歌は数えきれない。「東京音頭」も作詩している。


古賀政男 1904〜1978(明治37年〜昭和53年)

 福岡県田口村(現在の大川市)出身。明治大学在学中にマンドリン倶楽部創設の一翼 を担う。
 在学中に音楽家を目指し『影を慕いて』を発表、卒業後レコード会社の専属の作曲家として、数々の作品を発表しヒット曲を生み出す。これらは『古賀メロ ディー』と呼ばれ今もなお愛唱されつづけている。

 作曲活動のかたわら、音楽親善大使として世界各地をまわる。昭和53年に永眠。
 没後国民栄誉賞を受賞、生前も多大 なる音楽文化活動の功績に対し数々の賞を受賞している。


所沢音頭歌碑

西条八十作詩 古賀政男作曲では、
・ 誰か故郷を想はざる・昭和15年
・ 夜霧の馬車・昭 和16年
・ 戀の曼珠沙華・昭和23年
・ 雨の夜汽車・昭和23年
・ トンコ節・昭和24年
等があります。

平成8年に関係者の手で、歌碑が所沢市内喜多町に建立されました。
所沢音頭は今でも多くの人たちに愛されているといえるのではないでしょうか。

↑ページTOPへ
祭2.「所沢音頭」レコードについて
所沢商工会議所制定  西条八十・山畑一雄 合作詩  古賀政男 作曲
唄:久保幸江 加藤雅夫、 コロムビア ・オーケストラ、 三味線:豊吉・佐藤けい子
コロムビアレコード(PRE-1604)

● 歌詞

1、ハァー 恋し狭山湖つゝじの小みち
  幼馴染が手をとって
  聞いたあの日の茶摘唄
   トコヨイトコ ドコダヨ 所沢

2、ハァー あなた織糸わたしは織娘(おりこ)
  切るもつなぐも胸一つ
  ならばまとめて綾織に
  トコヨイトコ ドコダヨ 所沢

3、ハァー 秋はうれしや商工祭
  笛や太鼓に送られて
  今日も出てゆく輸出品
  トコヨイトコ ドコダヨ 所沢

4、ハァー 君を待つ夜の狭山の新茶
  立つは浮名か茶柱か
  首尾もよいよい所沢
  トコヨイトコ ドコダヨ 所沢

5、ハァー 僕の心は種無し西瓜
  割って見せたい胸の中
  在るのはあなたの顔ばかり
  トコヨイトコ ドコダヨ 所沢

6、ハァー 踊や輪になれ二重に三重に
  狭山多摩湖をまん中に
  花の東京続くまで
  トコヨイトコ ドコダヨ 所沢

↑ページTOPへ

ところざわまつり 公式WEBサイト
TOPスケジュール開催本部メインストリート
ご存知ですか?所沢音頭アルバム写真館ビデオ映写館
このサイトについてのご意見、ご感想は matsuri@tokorozawa-cci.or.jp へお願いいたします。

copyright(c) 2003 Tokorozawa Chamber of Commerce and Industry All rights reserved.
本Webサイトコンテンツの著作権は、所沢商工会議所が有します。
このサイトに掲載されている文章、 写真等の無断転載を禁じます。