タイトル
平成30年度「税に関する高校生の作文」受賞者発表
 所沢税務署では、毎年6月上旬から9月上旬に、所沢税務署管内の高等学校のご協力を得て「税に関する高校生の作文」の募集を行っています。
 これは、次代を担う高校生の皆さんが、学校教育の中で学習したことや自分自身の経験・体験などを通して、税について考えたことを作文の形で発表していただき、これを機会に税に対する関心を一層深めていただきたいという趣旨で実施しているものです。
 平成30年度は所沢税務署管内22校ある高校のうち、4校から応募があり、650編の作文が寄せられました。この中から優秀作文を選考し、賞状及び記念品を贈呈しました。

受賞作品はこちらからご覧になれます。

http://www.tokorozawa-cci.or.jp/cciwebdb/data/pdf2/181203zei2.pdf
項目 内容
埼玉県議会議長賞 松尾結子(飯能市) 聖望学園高等学校2年生
『増税で助かる命がある』
埼玉県租税教育推進協議会長賞 村松 るい(飯能市) 聖望学園高等学校2年生
『「税」に対する意識』
所沢税務署長賞 森下 さくら(飯能市) 聖望学園高等学校2年生
『税と介護の繋がり』

安河内 和奏(飯能市) 聖望学園高等学校2年生
『世界の税金制度について』


[ お知らせ ][ 所沢商工会議所TOPページ ]