タイトル
労働保険の加入手続きは、労働保険事務組合におまかせください。
労働者を1人でも雇用する事業主は、労働保険(労災保険と雇用保険)の加入手続を行い、労働保険料を納付しなければなりません。これらの事務手続を事業主に代わって代行する「労働保険事務組合」(厚生労働大臣認可)を当所においても設置しています。
当所労働保険事務組合では、下記により新規委託事業所を募集しておりますので、この機会に是非こ加入ください。
●労働保険とは、
労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます。)と雇用保険をまとめた総称であり、業務上災害と通勤途上災害による傷病等に対する補償(労災保険)、失業した場合の給付(雇用保険)等を行う制度です。
 保険給付は、両保険制度で個別に行われていますが、保険料の徴収等については労働保険として、原則的に一体のものとして取り扱われています。
 労働保険は、法人・個人を問わず労働者を一人でも雇っている事業主は必ず加入することが法律で義務付けられています。この「労働者」とは、パート、アルバイトも含みます。
●雇用保険とは、
労働者が失業した場合、生活安定のために必要な給付をするほか、雇用安定のための各種助成を行う制度です。
●労災保険とは、
労働者が業務中にケガ、病気、死亡などをした場合、その補償を行う制度です。
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/roudou_hoken.html
項目 内容
労働保険事務組合とは・・・ ☆事業主が行うべき労働保険の事務処理について厚生労働大臣の認可を受けた事業主の団体です。
労働保険事務組合として認可を受けている団体には、商工会議所・商工会・事業協同組合などがあります。
事務委託をする大きなメリットは・・・ 1.事業主自身の行う労働保険事務の負担が大幅に軽減されます。
2.労災保険に加入できない事業主や家族従事者も労災保険に特別加入することができます。
3.保険料の額に関係なく、年3回の分割納付が認められています。
委託できる事業主の範囲は・・・ 常時使用する労働者数が、
1.金融・保険・小売業等50人以下
2.卸売・サービス業・100人以下
3.その他の事業300人以下
事務委託の内容は・・・ 1.確定保険料、概算保険料の申告及び納付の手続。
2.雇用保険被保険者に関する届出等の手続。
3.労災保険の特別加入の申請等に関する手続。
4.労働保険事務処理委託、委託解除の手続。
5.その他、労働保険に関する諸手続。
詳しくは、 所沢商工会議所  労働保険事務組合へ
TEL04-2922-2196 FAX04-2923-6600


[ お知らせ ][ 所沢商工会議所TOPページ ]