所沢商工会議所
所沢商工会議所 地域活性化への取り組み
   所沢市中心市街地活性化拠点施設運営事業

事業の背景・目的

 所沢市は、埼玉県の西南部に位置し、古くは鎌倉街道の河原宿・本宿から江戸道に沿った宿場町で、狭山茶・村山絣・所沢絣・絹綿交ぜ織などの産地として知られ、織物のまち・基地のまちと変遷し、更には急速にベッドタウン化し、文化・教育・産業などの複合的機能を持つ首都圏の中核都市として成長してきました。

 近年、周辺市への流出等により求心力も弱まりつつある中で、平成14年3月に所沢市中心市街地活性化基本計画が策定されたのを受け、平成15年12月に所沢TMO検討委員会が設置され、同委員会ワーキンググループにより歴史的建物の地域資源活用事業が立ち上がり、平成17年1月に所沢市中心市街地活性化拠点施設が開店しました。

 開店以降、賃貸借契約満了までの約3年間は、運営体制の充実を図りつつ、「発見」と「交流」をコンセプトに自主企画事業や貸しスペース事業などの展開により商店街をはじめ、住民や施設利用者との交流、魅力ある所沢の発見などにより、活性化の波及効果を促すとともに、拠点施設の移転をにらみ、商店街等との連携並びに施設にとらわれない展開も併せて実施し、愛着の持てる街をつくるための事業展開をしてきました。

 今後は、これまでの事業を振り返り、事業の継続並びに施設の移転、施設名称の決定をはじめ、運営体制の再構築を図りつつ、拠点施設運営のみならず、更なる商店街等との連携や施設にとらわれない事業を展開するなど、所沢市と一体となって、所沢市の中心市街地の活性化に資する事業を推進していきます。

平成20年4月

野老澤町造商店 (愛称:町造 まちぞう) Webサイト
  (ところさわまちづくりしょうてん)

   (別ウィンドウで開きます)
   ※運営スタッフにより作成・運用されています。

  こんな事業を考えています
情報発信事業、文化交流事業、企画展示事業、街歩き拠点事業、活性化イベント開催事業、お休み処運営事業、地域特産品の販売事業、チャレンジショップ運営事業、コミュニティビジネス推進事業、地域コミュニティ推進事業、産学連携事業、活性化事業及び連携事業など